さわやか次郎の「生活巧者」ブログ〜50歳で引退〜

50歳での引退を目指し日々の生活を有意義にそして賢く生きるために実践している日常を綴ったブログ。節約・倹約・投資・小遣い稼ぎ・時間の使い方・家族との関係など

ワガ家が「資産」として定義するのは「一生涯使用する予定のないお金」のことである。

ワガ家で「資産形成」における「資産」として定義するものは、

 

「一生涯使用する予定のないお金」

 

であると捉えています。

 

一生涯というと大げさかも知れませんが、

 

少なくても、

65歳ないし70歳くらいになるまでは、

使用する予定のない「お金」、

 

です。

 

この「お金」は、

 

銀行預金や株式投資を含みます。

 

そのため、

いわゆる生活防衛資金」や、

 

ここ数年で考え得る支出

例えば、

子どもの教育資金、

車の買い替え費用、

引っ越し等にかかる費用、

などは、

「資産」に含みません。

 

よって、

基本的には、

この「資産」は減ることのない、

(株価の値動きによるところはありますがここではあくまで「額面」とします)

常に右方上がりに推移するものとなります。

 

貯金を殖やすためにはよく、

「先取り貯金をしましょう!」

「収入の10%と貯金しましょう!」

などと言われることがありますが、

 

例えば、

先取り貯金をして5年間で300万円が貯まりました!

せっかく貯まったのに、

車の買い替え費用で250万円を使いました!

となると、

せっかく一時見えていた300万円という景色から、

50万円(300万円ー250万円)に逆戻りして、

また300万円という一度見た景色を目指すことは、

精神的にも厳しい。

 

だから、

車などの購入予定がある場合は、

「資産」の積み上げとは別(余計)に貯蓄しておく、

という管理の仕方がベターではないかと思っている。

 

この減ることのない「資産」は、

株式投資などで不労所得として収入を生んでくれたり、

一生涯の精神安定剤としての役割をもたらしてくれます。

 

「50歳で引退!」を考えていますが、

ワタシはこの「資産」の金額が「5,000万円」くらいかと考えています。

 

おそらく「5,000万円」では多い過ぎると思いますが、

人生何があるかわからないので、

これくらいは確保しておきたいです。

 

(書籍からの引用です)

ー----------------------------------

3つの財布を持とう

 

 ■第1の財布

 「生活に使うお金」

 いざという時に備えて一定の金額をプールしておく、

 通常の生活費の3~6か月分

 

 ■第2の財布

 「使い道が決まっているお金」

 おおむね今後10年以内に使うことが決まっているお金。

 住宅購入費や子供の教育費など。

 絶対に減らせないお金なので安全性を重視する。

 

 ■第3の財布

 「今のところ、使う予定のないお金」

 文字通り、どう使ってもいいお金、余裕資金といい、

 投資に使えるのは、この第3のお金を指す。

ー----------------------------------ー-

 

 

 

50歳で引退するためにワタシが考えている条件~2つ~

50歳で引退するうえでの条件です。

 

www.lifekosya.com

 

至ってシンプルです。

 

① 資産が5,000万円以上となっていること。

 

② 妻が継続して仕事をすること。

 

この2点です。

 

①の条件については補足があります。

 

ワタシが50歳となる頃には、

 

・息子が大学を卒業、

・娘が大学生活残り2年、

 

という状況です。

 

娘の大学生活残り2年にかかる教育費(生活費を含む)は、

資産の5,000万円とは別に準備します。

 

あとは60歳まで満額になるまでの国民年金も別に準備します。

 

国民健康保険も同様です。

 

国民年金国民健康保険は、

ワタシが妻の会社の扶養家族になれば、

必要はなくなります。

 

あとはリタイヤ翌年の住民税も別に準備します。

 

リタイヤ後に想定される費用をできるだけ

差っ引いた残資産が5,000万円あること。

 

というのが条件です。

 

ではこの資産、

どうやって準備するのか?

 

現在、ワガ家の資産が1,800万円です。

 

ワガ家は年間200万円の貯蓄を実践しているので、

残り6年間の会社図勤めで1,200万円が追加されます。

 

そして50歳時の退職金がおおよそ1,500万円

 

この3点を足すと、

1,800万円+1,200万円 +1,500万円 ➡ 4,500万円

となります。

 

4,500万円 + α

 

この+αで、

おおよそ1,000万円~1,500万円を上乗せすることができれば、

 

残りの教育費等を差し引いたとしても、

5,000万円は残る計算。

 

+αは、

満期保険金、

株式投資の成績、

毎年200万円の貯金の上乗せ、

などの要素が考えられるかなと思います。

 

グラフ 右肩上がり に対する画像結果

 

②については、

現在、

契約社員の無期契約で働く妻が、

60歳まで継続して働いてくれること。

 

おそらく年収は400万円に満たないと思うが、

この妻の収入をワガ家の50~60歳までの基礎生活費とすること。

 

基礎生活費として不足する分は、

ワタシが自営やバイトなどで収入を得て補填する。

 

資産の5,000万円は少なくても60歳になるまでは、

いっさい取り崩さない。

 

この5,000万円のうち、

3~4割くらいは株式へ投資し、

そこからのインカムゲインキャピタルゲインを得て、

基礎生活費の補填や娯楽費とする。

 

60~65歳までは妻も仕事を継続しているかはわからないが、

できるだけ5,000万円の資産を乗り崩したくないが、

必要に応じて定期売却して基礎生活費や娯楽費とする補填とする。

 

65歳からは、

妻とワタシの2人の生活であれば、

おそらく年金で基礎生活費は充分に足りるであろう。

 

資産の5,000万円(多少減っているかも知れないが)は、

基礎生活費や娯楽費とする補填とする。

 

どちらかが他界した場合は、

年金額も不足するので、

資産5,000万円も基礎生活費として取り崩す生活になると思うが、

5,000万円もあれば死ぬまで全く問題ないだろう。

 

異常のシミュレーションは、

ワタシが50歳から全く働かないことを前提としているが、

全く収入を得ない生活をするということも考えにくいし、

シミュレーションに不足が生じそうであれば、

バイトでも何でもで働けも良いのである。

 

要はサラリーマンの一線で、

働き続ける必要があるほどの収入は必要ないということがわかる。

 

このシミュレーションが成立するのは、

妻とワタシの夫婦二人で生活したところで、

それほど大きなコストがかからないということを認識したからだ。

 

基礎生活費にはあまりお金がかからない。

 

娯楽は、

シミュレーションが上振れした際で工面すれば良い。

 

「小遣い0円生活」

「1日0円生活」

「自炊」

「散歩やランニングや自重トレーニング」

 

極力お金をかけない生活でも、

人生幸せに過ごすことができると知ったからである。

 

いかがでしょう。

 

皮算用に見えますが(実際そうですが・・・)、

 

自分なりには根拠と自信があります。

 

 

 

 

いまが底であることを信じてVOOを20株 90万円強ほど買い向かってみました。

ワタシの株式投資の話です。


相変わらずの下げ相場で、

ワタシの投資成績は、

70万円ほどの評価損益をたたき出しているなか、


いまが底であることを信じて

本日、

VOOを20株 90万円強ほど買い向かってみましたが、

どうでしょうか?



株取引は、

全体の市場がイマイチの状況であっても、

あくまでも、

買った時の株価との比較で、

そこから少しでも上がれば利益となるし、

さらに下がれば損益となる

という取引なので、


昨年末の株価から比べれば相当下落していますが、

下落して安くなった今現在に買い向かえば、

少しは利益を享受できるのではないか!?


そう思って買い向かってみました。


さて、結果やいかに!?



事故のお見舞金として自身の損保会社から搭乗者傷害保険が支払われました。

ゴールデンウィークの只中に起こした交通事故について、

 

www.lifekosya.com

 

ワタシの車は追突された方なので、

過失割合は0(ワタシ):10(相手方)になります。

 

よって車両の修理や台車、医療費、慰謝料などは、

全て加害者側の損害保険会社が負担することになるのですが、

 

ワガ家で加入している任意損害保険会社からは、

事故のお見舞金として、

搭乗者傷害保険が支給されるとのこと。

 

要件は以下のとおり、

 

① 治療給付金

  医師の治療を受けた場合に、

  1回の事故につき1万円をお支払いいたします。

 

② 入通院給付金

  病院等に入院又は通院して治療を受けた日数の合計が5日以上

  1回の事故につき5万円をお支払いいたします。

 

 

今回の事故、

ワガ家はワタシが運転、

妻と娘が同乗していたため、

搭乗者傷害保険は3人分が対象となる。

 

また整形外科の他に、

整骨院も対象になるとのことで、

実際に肩から腰にかけても痛みもあり、

足しげく病院等に通っております。

 

今週に入り、

通院回数が5回を超えたので、

家族3人分の搭乗者傷害保険の申請をし、

 

本日無事、

6万円(①+②) ✖ 3人 ➡ 18万円

の振り込みを確認しました。

 

搭乗者傷害保険はお見舞金という位置づけであり、

事故の被害者に対して支払われるものなので、

来年からの保険契約の等級の査定には影響がないとのこと。

 

※搭乗者傷害保険とは、

 自動車事故により、

 ご契約のお車に乗車中の方(運転手を含む)が死傷された場合に、

 ご契約で定められた額を保険金としてお支払いするもの。

 

事故で故障した車両の修理代は全額 相手方の損害保険会社が保障することになりました。

ゴールデンウィークの只中に起こした交通事故について、

www.lifekosya.com

 

ワタシの車は追突された方なので、

過失割合は0(ワタシ):10(相手方)になります。

 

これにかかる車両の修理については、

相手方の任意損害保険会社が保障することになります。

 

ワタシは故障した車両を、

いつもお世話になっているディーラーに修理をお願いし、

その修理の間の台車も手配してくれました。

 

修理はおよそ2~3週間はかかるとのこと。

この間の台車手配の費用も相手方の損害保険会社が負担します。

 

ディーラーで修理にかかる金額が提示され、

その金額70万円、

 

この見積額をディーラーから相手方の損害保険会社へ提示し、

交渉。

 

ごねる損害保険会社もあるようですが、

大手保険会社であったこともあり全額負担する旨の回答あり!

 

まずはひと安心!

 

 

実はこの事故、

玉突きによる事故で

 

ワタシが先頭、

2台目がワタシの知人が運転していた車、

3台目が加害者という事故、

 

2台目の車についてはワタシの車より被害が大きく、

修理価格が160万円ほど

 

この車、120万円くらいで中古で購入した車とのことで、

購入価格よりも修理価格が高くなる場合は、

購入価格までしか保証されないケースもあるようなのですが、

なんとこちらも

全額、相手方の損害保険会社が負担する旨回答があったとのこと。

 

もちらんこちらも修理中の台車も手配され、

相手方の損害保険会社が負担。

 

しかし一度加害者になってしまうと、

加害者側の損害保険会社はもの凄い負担ですね。

 

 

事故の際、

警察の方が各ドライバーを集めて仰いました

 

「今回はたまたま被害者と加害者に分かれましたが、

 それはあくまで紙一重

 誰もが被害者になる可能性もあるし、

 誰もが加害者になる可能性もある。

 誰も悪気があって加害者になるわけではない、

 本来は何もないことを前提に、

 何かあった時のために損害保険に加入しているわけなので、

 今回このような事故が起こってしまったので、

 損害保険会社にはしっかりと対応してもらってください。

 

と。

たしかにおっしゃる通り。

 

おそらくワレワレ被害者より心障であろう加害者を責めるわけにはいかない。

 

そしてその加害者を代行して、

事故時の対応をすることが損害保険会社の仕事なんだ。

 

誰に遠慮することなく、

真摯に対応してもらうことが、

加害者にとっても被害者にとっても当然の権利である。

 

イラスト 損害保険会社 に対する画像結果.サイズ: 190 x 206。ソース: www.caa.go.jp

www.lifekosya.com

 

2020年のコロナ騒動から2年で1周回って改めて「50歳で引退する!」を決意!

2020年に起こったコロナ騒動をきっかけに、

ワタシの人生観が大きく変わりました。

 

コロナ自粛により自分のこれからの人生を見つめ直す

時間が与えられました。

 

自分の人生、

当たり前に60歳あるいは65歳まで、

一線で働くことが、

自分が望む人生なのか??

 

ある程度の資産を蓄えることができれば、

当たり前に60歳あるいは65歳まで

一線で働かなくてもいいのではないか、

 

資産形成、節約、投資、教育、家族との関係、日々の暮らし

を賢く生きる!

 

「生活巧者」として生きることで、

 

他人よりも早く、

労働の縛りから解放され、

早期に一線を退いて、

しがらみの少ない、

時間に余裕のある人生を手にすることができるのではないか。

 

2020年のコロナ騒動を機に、

 

そこから2年間、

自分に自問しながら、

 

「2年で1周回って」

 

よし、

 

「50歳で引退しよう!」

 

50歳まであと6年間はそのための準備期間です。

 

50歳で引退!するための条件(目標)については、

後日まとめて綴りたいと思いますが、

 

その条件は「目標」というよりは「作業」くらいのレベルと

捉えています。

 

条件クリアのための「作業」を

あと6年間、淡々とこなしていけば、

よほどの想定外の事態が起こらない限りは、

クリアできるものと思っています。

 

「2年で一周回って」

というのはその1つ1つの自問の答え合わせをしていく

期間だったと思います。

 

 

(以下、書籍からの引用です↓)

ー----------------------------------

「結局のところ、人間が本当に欲しいものってなんなの?」

結論からいえば、

「好きなことだけして好きなように暮らすこと」

人によってなにをしているときが一番楽しいのかが違うだけで、

人間の欲求はこの一言で説明がつきます。

とはいえ、「好きなことだけして暮らせたらそれが一番だけど、

でも生活のためにお金を稼がないといけないし・・・」

しかし、好きなことを好きなだけして暮らすために

それほどお金は必要ありません。

(中略)

しかし、現実世界ではこういった生き方をできない人がほとんどです。

なぜならば、

「働くための住まいや移動手段」

「承認欲求を満たすための見栄」

「人よりも優れていたいという競争心」

などの積み重ねによって、

生活コストが膨れ上がっているからです。

同時に、この膨れ上がった生活コストを最低限維持しなければ生きられないと

”思い込んで”います。

ここが大きな問題です。

安心安全に暮らすために最低限必要なお金は

想像よりもずっと少ないのですが、

さまざまなコストを一緒くたに考えてしまっています。

(中略)

ここまでくると、敏感な人が取るべき戦略の大前提が見えてきます。

それは、「安心安全に暮らすには最低限どれだけお金が必要なのかを

自分の中で明確にすること」です。

これさえ分かれば、

絶対に必要だと思い込んでいるお金を稼ぐハードルが低くなります。

そうすれば、

好きなことを好きなだけして暮らす生活まであと一歩です。

ー---------------------------------

 

出世しない選択のススメ;会社の思惑・人事評価の意図を理解しよう!

東京本社勤務のしがないサラリーマンであるワタシですが、

40代半ば、

勤続20年以上ともなれば、

それなりの給与はいただいている。

 

そして妻も働いていることにより、

育ち盛りの子ども2人を抱えながら年間200万円の貯蓄を

実践しているわけなので、

 

出世による給与アップを目論むモチベーションは全くない。

 

ワタシ自身、現在は管理者の一歩手前の役職ですが、

もう今の役職ですら荷が重い・・・。

 

 

会社の人事評価システムのカラクリとして、

 

本来は社員のためのものではなく、

経営学を勉強した昔のえらい人たちが、

人事評価システムひとつで、

効率よく会社の士気を高めて、

パフォーマンスを向上させようと考えたのが、

人事評価システム誕生の理由とのこと。

 

「職員を生かさず殺さず、

 適度にアメとムチを使い分けて、

 最大限に利用しよう」

 

という発想。

 

人事評価システムの建前として、

「個人の成長を促すため」

とはよく言われるが、

実は個人の成長はおまけのようなもの。

 

出世によるわずかなお金(昇給)のために無限に増加する業務。

このしくみは、

出世欲が強い人間ほど、

従順に従うようになるという恐ろしさがある。

出世できるのはこれを受け入れられる社畜のみとなる。

 

出世を優先する人生を選ぶということは、

言い換えると自分の人生の評価を他人に全て任せている

ということ。

 

まあ冷静に考えれば、

なぜそこまで会社や出世に傾倒するのか!?は疑問に思うところですが、

一度、その組織の中に入ってしまえば、

自分を見失ってしまうのでしょうか、

 

いつの間にか自分の人生が会社のための人生となり、

定年まで社畜として会社に身を捧げることが当たり前の人生になってしまう

という恐ろしさよ・・・。