さわやか次郎の「生活巧者」ブログ

日々の生活を有意義にそして賢く生きるために実践している日常を綴ったブログ。節約・倹約・投資・小遣い稼ぎ・時間の使い方・家族との関係など

勉強しろ!と言わなくなったことによる妙

ワガ子の話である、

中学校にあがったら自分の学校の成績が

自分の進路や将来に影響するので、

勉強しろ!と言っていた。


自分も学生時代に勉強しておいて

良かったと実感するところがあったので、

それをワガ子にも実感してほしかった。


勉強しろ!と言っているうちに、

そのうち学校の成績の重要さに気が付き、

そのうち自発的に勉強するようになるだろう。


とタカをくくっていたのだが、


一向に自発的にやろうとする気配が見られない。


妻もワタシも勉強しろ!と言って、

それでもやらないから、

そのうち強く口調で言うようになる。

それでもやらない。


こっちもだんだん言うのに疲れて来て、

ワタシも「自分の人生なんだから自己責任でやればよい」

と考えるようになり、

あまりワガ子の行動に干渉しなくなった。

 

そしたら、

どうでしょう?

他の子と比較したら物足りないかも知れませんが、

 

塾の時間が終わっても自習室で残って勉強したり、

塾の日じゃなくても自習室で勉強したりするようになった。

 

それとワタシが本をよく読むせいか、

自分のお小遣いで本を買ってきて本をよく読むようになった。


友だちと約束して良く遊ぶようになったし、

友だちと約束してテスト前に勉強したり、

 

f:id:SawayakaJiro:20201027195020p:plain



学校から帰って疲れていたら、

昼寝をしてそれをこちらが特に制限しなかったら、

背が伸びたし、食事もたくさん食べるようになった。

 

自分の子どもと言えども1人の人間なんだ。

ゆっくり成長していくのを、親が急かす権利はないのである。


成長が早い子・遅い子個性は様々で、

子どもの成長をゆっくり見守るのが親の役目なのだと、

子どもに教えられてしまった今日この頃である。