さわやか次郎の「生活巧者」ブログ

日々の生活を有意義にそして賢く生きるために実践している日常を綴ったブログ。節約・倹約・投資・小遣い稼ぎ・時間の使い方・家族との関係など

児童手当、高所得者層は縮小&廃止か!?

本日の日経の記事である。

 

児童手当、高所得者層は縮小する方向で検討が進んでいるようだ。

 

まだ確定ではありませんが、

 

年収制限で該当しそうな世帯は注視しておきましょう!!

 

【要約】

 ・財務省厚生労働省は、

  現在は年収960万円以上の全ての子育て世代に配っている児童手当の

  特例を縮小する方向で与党と調整に入る。

 ・児童手当は中学生までが対象(現在)

 ・現在、3歳未満や第3子以降は月額で1人1万5千円(現在)

 ・現在、その他は月額1万円を支給(現在)

 ・年収上限は、夫婦子ども2人世帯で年収960未満を上限(現在)

 ・この年収基準は所得の高い方が対象となっている(現在)

 ・しかしこの年収上限は、2010年度の税制改正で、

  「年少扶養控除」が廃止(16歳未満の子は扶養控除が未適用となった)

  への移行の特例措置として、当面の間、1人5千円を支給していた(現在)

 ・改正の案としては、

  夫婦の合計収入(どちらか高い方ではない)が、

  960万円以上1,500万円未満の場合は1人月5千円

  1,500万円以上の場合は支給ゼロ

 ・支給額を減額した分は、児童待機解消に向けた保育所増設の財源に充てる。

 

f:id:SawayakaJiro:20201118064505p:plain