さわやか次郎の「生活巧者」ブログ

日々の生活を有意義にそして賢く生きるために実践している日常を綴ったブログ。節約・倹約・投資・小遣い稼ぎ・時間の使い方・家族との関係など

地の時代から風の時代へ!

2020年は激動の一年でした、

 

今まで「なんかおかしい!?」と思っていた、

非常識な常識、理不尽なルール、

これらをこれまでは我慢してなんぼの世の中でした。

 

これがコロナで一変しました。

 

我慢しないことが常識の世の中に変わりつつあると感じます。

 

勤勉で、

仕事に尽くし、

上司の指示を忠実に聞き、

災害でも会社に向かい、

自分の時間を全て会社に捧げ、

ほぼ確実に定年まで働く、

ローンを組んで自分の居住する場所を決め、

そこから動かない、

昨日と同じ今日があり、

それが正しい生き方でした。

 

地の時代や風の時代、

これら事態はスピリチュアルの話の概念ではあるが、

まあそんな概念も自分の思考のひとつとして、

持っていても良いかなと思う。

 

風の時代とは、

かたちのないものが意味を持つようになる。

想像力、思考力が重要視される。

柔軟性が必要になる。

自分の好きなことや、

やりたいことに素直に行動する。

 

風の時代がやってきます。風の時代のスピリチュアルな生き方や職業 ...

 

コロナが夏にいっとき収束しかけた時、

地の時代に押し戻そうとする動き、

風の時代への変革へ突き進もうとする動き、

 

これはワタシの個人的な考えであるが、

この時、

地の時代に押し戻そうとした人、

地の時代こそ正解なんだと考えた人、

淘汰される世の中が直ぐにやってくるのではと思っている。

 

満員電車で紙の日経新聞を持って、

隅から隅まで紙面を眺めている真面目そうなサラリーマン、

今でもたまに見かけます。

 

10年前は優秀なサラリーマンという評価を受けたかも知れないが、

もう今見たら完全にオワコンです。

 

時代の変化に敏感になり、

今までの常識を疑って変化の向かう方に行動する。

 

2021年以降はそんな時代になるのでは?

と思っている。