さわやか次郎の「生活巧者」ブログ

日々の生活を有意義にそして賢く生きるために実践している日常を綴ったブログ。節約・倹約・投資・小遣い稼ぎ・時間の使い方・家族との関係など

歯の健康と節約との関係!!!

ワタシの上の子の話です。

 

いよいよ来月4月、

地方の私立高校で寮生活を始めることになります。

 

親元を離れれば、

なかなか病院にも簡単には行けなくなるため、

歯の検診に通わせました。

 

やはり歯の磨き方が悪いせいか、

虫歯になりかけの歯が何本かあり、

でも早期発見できたことにより簡単な治療のみで、

昨日2回目の診療で治療が終了しました。

 

そして問題はワタシである。

子どもと一緒に健診を受けたのですが、

 

左下の奥歯が2本虫歯になっており、

2本とも直ぐに抜かないと大変なことになる!

とのこと。

 

あちゃー・・・。

 

2本抜くのは良いですが、

抜いた後はワタシの奥歯はどうなるのか?

 

医者の先生曰く、

「保険適用外になりますが、

 これからも長く使いますのでインプラントが良いと思いますが、

 ただ2本ですので80万くらいかかってしまいます」

「もしご予算がなくて保険適用の治療になると、

 入れ歯になりますね」

 

「入れ歯…。」

 

ワタシはただ子どもの付き添いついでに

健診を受けに来ただけなのに、

 

突然に突き付けられたこの選択・・・。

はっ80万・・・。

 

「ちょっと考えさせていただいて良いですか???」

 

そこで再度、院長先生に相談してもらい、

「もしかしたらブリッジ(保険適用内)で治療できるかも知れない。」

とのこと。

 

本日は、会社にお休みをいただき、

早速2本の歯を抜いてきました。

 

麻酔が和らいできて歯が痛い。

そしてまだ出血が止まらない・・・。

(会社休んでおいてよかった・・・)

 

ブリッジをかける片方の歯が親知らずとなり、

ワタシの親知らずは少し歯茎に収まっているため、

無事にブリッジがかけられるかやってみないとわからないという。

 

頼む!お願いします!

ブリッジよ!かかってくれ!!!

 

もしブリッジがかからないようであれば、

インプラント治療になり80万円となります・・・。

 

歯の健康は一生ものです。

自覚症状があってもなくても、

定期検診をしておくことをお勧めします。

 

f:id:SawayakaJiro:20210302172744p:plain

 

目の前のお小遣いや時間をケチって、

歯の健康を疎かにすると、

かえって多額の治療費がかかったり、

歯が不健康まま人生100年時代を過ごすことになります。

 

お大事にどうぞ・・・。