さわやか次郎の「生活巧者」ブログ

日々の生活を有意義にそして賢く生きるために実践している日常を綴ったブログ。節約・倹約・投資・小遣い稼ぎ・時間の使い方・家族との関係など

ふるさと納税の寄付金控除分が6月給与の住民税に反映されたような気がします??

ワガ家が昨年から始めた「ふるさと納税」のお話です。

 

ふるさと納税は、

自分で選んだ自治体に対して寄附を行った場合に、

寄附額のうち2,000円を超える部分について、

所得税及び住民税からそれぞれ控除が受けられる制度となります。

 

これを「ふるさと納税」の寄付金控除というようですが、

この寄付金控除はふるさと納税をした年の翌年の「所得税」や「住民税」が

控除(還付)されるよう。

 

昨年は年間を通して10万円分ほどの「ふるさと納税」の寄附を行いましたが、

 

今回このうちの「住民税」の寄附金控除(還付)分が、

6月給与の住民税に反映されたような気がするのですが(合ってますか?)

 

 ■ワタシの給与の住民税控除額

  ・5月期 ➡ 40,200円

  ・6月期 ➡ 37,300円

 

だったので、

おそらくこの減額された分の2,900円分が寄付金控除分か?

 

ん?

 

2,900円 ✖ 12か月 ➡ 34,800円

 

ボーナス分も減額されるとしても、

 

10万円寄付したのになんか少ないような気もするのですが、

合ってますか?

 

ちょっと今月の給与だけでは何とも言えないので、

6月に支給されるボーナスや7月以降の給与でも

引き続き確認していきたいと思います。

 

まあどこまでいっても、

自分が前年に寄付した分が控除されるだけなので、

お得になるというわけではないんですけどね・・・。