さわやか次郎の「生活巧者」ブログ

日々の生活を有意義にそして賢く生きるために実践している日常を綴ったブログ。節約・倹約・投資・小遣い稼ぎ・時間の使い方・家族との関係など

息子を思う母の気持ちとはそういうものか…。

息子はこの春、地方の私立高校で野球をやるため、

親元離れて寮生活を送っている。


例年であれば、
練習や練習試合や公式戦など、
観戦が可能で、

息子の顔を見たければ、
いつでも会いに行くことは可能なのだが、


このコロナ禍で、
親の野球観戦はほぼ厳禁、

息子が4月に入学をしてからというもの、
2,3回ほどしか顔を合わせていない。


そんな中、
緊急事態宣言も明け、
昨日、親も観戦可能な試合があり、
妻とワタシは久しぶりに息子に会いに行った。

学校側の配慮で、
ちょっとした時間に息子に、
食材などのお土産を渡したりすることは了承されており、

事前に、息子からアレが食べたいコレが食べたいとのリクエスト。

それに応えるべく妻は前日にそそくさと買い物に出向き、
リクエストされた食材を袋に詰めて息子に渡すのだ。


まるでジャニーズジュニアのおっかけである。


照れくさそうにする息子を見て、
妻にあまり声を掛け過ぎると息子が嫌がるといけないぞと耳打ち、

妻だけが特別なのかなと思ったのですが、

隣にいたママさん、
「あれ?いまうちの子こっち見なかった?」とか、
「もう1回手振って来よう」とか、
言いながらキャッキャとしている。

まさにジャニーズである。


どこの母親も気持ちは一緒なんだなぁ。


世間一般では、
高校生の息子はまだまだ同居で生活を共にしている年代。


それを寂しい気持ちを押し殺して、
若干高校生で親元を離れて寮生活に送り出したママさんたち。


ワガ子をちょっと見かけただけで、
ジャニーズのようにキャッキャする気持ちもわからなくはない。

お金を送ってくれ、
モノを買ってくれ、
以外はほとんど連絡してこないワガ息子、

そんな母親の気持ちなんて、
到底わかるはずもないのですが...。