さわやか次郎の「生活巧者」ブログ

日々の生活を有意義にそして賢く生きるために実践している日常を綴ったブログ。節約・倹約・投資・小遣い稼ぎ・時間の使い方・家族との関係など

親元離れて頑張っている息子の野球を久しぶりに見に行ってきました。

今週末の話です。

地方の私立高校で野球をやるために
この春から寮生活を送っている息子、

 

コロナ禍ということもあり、
父兄の試合観戦などは制限され、
なかなか息子の野球を見る機会に恵まれませんでしたが、

 

この土日に観戦可能な試合が行われるということもあり、
妻と2人、宿を予約して、
泊りがけで息子のところに行ってきました。

 

息子は東京で野球を始め、
試合はいつも手狭なグランドが多かったですが、
田舎の大自然のもと広々としたグランドで
野球をやっている姿を見ることができ幸せな気持ちになりました。

 

ただそんなワタシの気持ちとは裏腹に、
息子をはじめ同学年の選手たちはレギュラー争いにしのぎを削り必死。

 

同じ学年(1年生)に30人の部員がおり、
ベンチに入れるのがおおよそ20人(残10人はベンチ外で応援)、
このうち試合に出られるのが12~3人ほど、


試合に出ている選手そしてその親、
出ていない選手のそしてその親、
複雑な心境・・・。

 

ほとんどの選手が寮生で、
高校生で早々と親元を離れ、
厳しい世界でみんな頑張っているんだ!

 

ワガ家の子どもへのお小遣いは、

野球の成果主義制。

 

今回はワタシたち両親も観戦するので、

結果が出たら帰りに即金で渡すと約束していた。


頑張っている息子を見て帰り際、
予定の額にプラス頑張れ代を上乗せして、

お小遣いを息子に手渡し、
「頑張れよ!」とひと言だけつげて
東京へ帰ってきました。